若くてもできてしまうイボ、扁平疣贅とは?

MENU

若くてもできてしまうイボ、扁平疣贅とは?

若くてもできてしまうイボ、扁平疣贅とは?

 

イボにはいくつかの種類が存在しますが、そのなかでも、若くしてできてしまうイボの一つとして扁平疣贅と言うものがあります。

 

扁平疣贅は主に顔や手の甲などにできる事が多く、その他の部位にも発症することがあります。

 

多発してしまったり、外見やおしゃれを気にする年代にできることから、できてしまうと非常に困るイボでもあります。

 

では、この扁平疣贅ができてしまうわけや、扁平疣贅ができてしまったときの対処方法などを見ていきましょう。

扁平疣贅ができる原因とは?

では、まず扁平疣贅ができてしまう原因からご紹介します。

 

扁平疣贅がどのような種類のイボに分類されるかを見てみると、できてしまう要因がわかります。

イボには大きく分けて加齢による老人性とウイルス性のものがある

イボは、加齢によって肌細胞が衰え、その結果としてイボになってしまう老人性イボと、イボを作るウイルスが肌細胞に感染することでできるウイルス性のイボというものに分けることができます。

 

加齢に伴う肌の悩み、老人性イボの一種アクロコルドンとは?

 

この大きく分けて2種類のイボのうち、扁平疣贅はウイルス性のイボに分類されます。

 

若くて肌細胞がまだ活発であるにもかかわらず扁平疣贅というイボができてしまうのは、ウイルス感染によるからということになります。

扁平疣贅を引き起こすウイルスとは?

扁平疣贅は上記のようにウイルスによってできるイボですが、では扁平疣贅の原因となるウイルスとはいったいどのようなウイルスなのでしょうか。

 

扁平疣贅を引き起こすウイルス

扁平疣贅の引き金となるウイルスは、ヒト乳頭腫ウイルスの3型と10型となり、これらが皮膚に感染することでおこるのが扁平疣贅です。

 

扁平疣贅を引き起こすこれらのウイルスは、皮膚を引っかいたり、掻いてしまったり、またカミソリをあてた部分などの、掻き傷やそり傷に沿って増大し、さらなる感染を引き起こしてしまいます。

 

そのため、症状の特徴としては直線状にイボが生じたり、並んで生じたりするという事が多くなります。

 

あなたのその首イボ、ウイルス性の首イボかもしれません、ウイルス性首イボについて

扁平疣贅の見た目は?どんな形でどんな色?

扁平疣贅の色や形をしっておき、扁平疣贅ができたときに他の部分に感染を広げないためにも、見た目で判断できるようにしておきましょう。

扁平疣贅であるとの判断材料

上記のように、直線状にならぶ、並んであらわれるという特徴以外にも、扁平疣贅を見た目でしっかりと判断するべく、扁平疣贅の見た目の特徴を押さえておきましょう。

 

まず、扁平疣贅は2〜3oから1pくらいの大きさです。名前の通り、扁平に隆起した円形または楕円形の形をしている事が多くなります。

 

周りの皮膚の色、または薄い褐色であることが多く、表面の触り心地もあまりざらざらしていません。

 

そのため、気が付かずに引っかいてしまったり、放置してしまうことによって、さらなる感染拡大を引き起こしてしまいやすいので注意が必要です。

扁平疣贅ができてしまったときの対策はどのようなものがある?

若くてもできてしまうイボ、扁平疣贅とは?

 

では、扁平疣贅ができてしまった場合、どのような対策を講じればよいのでしょうか。

 

扁平疣贅の感染拡大を予防し、さらにきれいに治すためには、どのような方法を用いるのが良いのでしょうか。

扁平疣贅の治療方法の選択

扁平疣贅をなおすにはいくつかの方法があります。

 

それぞれの方法のメリットばかりに焦点を当てず、デメリットもしっかりと理解することが大切です。

@経過を見守るという方法

皮膚科などでは治療というよりは、もともと体の中にある免疫機能が、ウイルス排除のための抗体を作りだし、自然にウイルスを排除するのを待つという場合もあります。

 

ウイルス性のイボの中でも扁平疣贅は、自然に軽快する可能性が非常に高いイボである事も確かです。

 

しかし、感染が拡大してしまうというリスクもあり、あまり放置はお勧めできないといえるでしょう。

A液体窒素凍結療法という方法

医療機関で行う最も一般的なイボの治療がこの液体窒素凍結療法ではないでしょうか。

 

しかし、この治療方法は激痛を伴うとともに、治療後に水膨れになってしまうというケースが少なくなく、水膨れ内部に血液が溜まって変色するということも珍しくありません。

 

この方法もかなり忍耐力と見た目の悪さを覚悟しなければならず、大きなリスクを伴う方法だといえるでしょう。

 

首イボを液体窒素で除去するという方法はどうなの?首イボの治療方法など

B電気焼灼という方法

レーザーや電気メスで扁平疣贅自体を焼き切るという治療方法ですが、傷痕が残る可能性が非常に高く、あまりおススメできる方法だとは言えません。

 

また保険適用外となる場合が多く、経済的負担も考えなければならないというデメリットもあります。

 

首イボをレーザー治療で取るときの注意点

Cイボ専用クリームなどを利用する方法

扁平疣贅の治療方法として最もおススメできるのが、自宅で自ら行うスキンケアです。このセルフケアに使用するのが、イボケア専用クリームなどとなります。

 

イボを効果的に解消すると成分が配合されているほか、ウイルス性イボのウイルス繁殖を抑制する成分も配合されています。

 

経済的負担も非常に少ないうえ、副作用の心配もほとんどない、痛みも無く、傷痕の心配もないという、もっとも安全で安心な治療方法だといえるでしょう。

 

また、自分でできるケアであるため、今ある扁平疣贅だけでなく、他にもイボになりそうな箇所や気になる部分を早期に発見して、直ちに治療を開始できるという点も大きな魅力です。

 

扁平疣贅の治療は、早ければ早いほど治りも早くなりますから、医療機関を受診する都合をつけたりということを待たずに、今すぐにでも始められ、非常に効果が高い治療方法だといえるでしょう。

まとめ

扁平疣贅はすぐに始めるセルフケアで、非常にすみやかに改善へと向かうことができます。

 

イボケア専用クリームやイボケア用スキンケア商品を活用して、イボのない健康肌を目指しましょう。

 

若くてもできてしまうイボ、扁平疣贅とは?