尋常性疣贅とは?特徴と解決法

MENU

尋常性疣贅とは?特徴と解決法

尋常性疣贅とは?特徴と解決法

 

イボの一つに尋常性疣贅というものがあるのをご存じでしょうか。

 

あまり聞き慣れない、それほど耳にしたことがないようなイボの名前だと思っている人が多いようですが、実は、誰にでも感染の可能性があるイボなのです。

 

あなたのその首イボ、ウイルス性の首イボかもしれません、ウイルス性首イボについて

尋常性疣贅はどうしてできる?誰にでもそのリスクがあることを知ろう!

尋常性疣贅はたくさんの種類があるヒト乳頭腫ウイルスが、皮膚に感染することで発症するイボになります。

外傷を受けやすい部分に多くできる

尋常性疣贅の原因であるヒト乳頭腫ウイルスは、皮膚の中でも特に外傷を受けやすい部分からの感染が非常に多くなります。

 

手や指、足の裏やひざ、そして顔など、普段露出していることが多かったり、傷を作りやすいという箇所に感染が多くなります。

 

つまり、誰にでも尋常性疣贅ができる可能性があるということで、特に老人に多いや健康に心配がある人にできるわけではなく、健康そのものの人や若い人にもできてしまうというリスクがあります。

尋常性疣贅の症状はどのようなもの?症状のあらわれ方は?

では、尋常性疣贅はどのような症状があるのでしょうか。

 

尋常性疣贅の主な症状をまとめました。

表面の角化、灰褐色で荒いというのが大きな特徴

尋常性疣贅は、ウイルスが感染してから数か月ほどで、半球状に隆起した状態の発疹になるというケースが多くなります。

 

さらにその後は、次第に大きくなっていくという傾向があり、色も褐色や肌色だったものが灰色っぽく変色、そして半球状に隆起していた状態の時には、表面に光沢のあるイボだったものが、表面も荒くなり、皮膚組織は角化して固くなります。

 

足の裏にできた場合は、体重の重さで隆起することはあまりありませんが、周囲に広がり、多発するというケースが多くなります。

尋常性疣贅の治療方法は?どのような方法がおススメ?

尋常性疣贅の治療方法にはいくつかの方法がありますが、いったいどのような方法が良いのでしょうか。

 

また、尋常性疣贅を早期に解決したり予防するにはどうしたらよいのでしょうか。

一般的な皮膚科での治療と、セルフケア

尋常性疣贅を治療する方法として、まず皮膚科で行うのが、液体窒素による凍結療法レーザー治療などになります。

 

これらの方法は、痛みが強いだけでなく、瘢痕を残してしまうというリスクもあります。

 

そこで、おススメしたいのが、イボケア専用クリームやイボケア専用スキンケアを自分で実践することです。

 

昨今イボ治療に対するケア商品の効果は非常に高く、普段からセルフケアをして置くことでかなりのイボをきれいに治すことができるようになっています。

 

皮膚科で痛みと傷痕の心配がある治療を受ける前に、イボケア専用クリームなどを活用して対処してみてはいかがでしょうか。

 

痛みや傷痕の心配もなく、自分の気になる部分にしっかりと使用できるという安心感もあります。速効性は無いものの、副作用や傷痕、大きな経済的負担の心配も皆無となります。

 

イボに気が付いたら、まずはイボケア専用クリームやイボケア用のスキンケアを実践してみることをおススメします。

 

尋常性疣贅とは?特徴と解決法