老人性疣贅を詳しく解説、老人性疣贅とはいったいどんなもの?

MENU

老人性疣贅を詳しく解説、老人性疣贅とはいったいどんなもの?

老人性疣贅を詳しく解説、老人性疣贅とはいったいどんなもの?

 

年齢を重ねるとできてくるさまざまなイボ、その一つに老人性疣贅があります。

 

老人性疣贅について詳しく知ることによって、老人性疣贅の原因などを排除し、肌トラブルを減らしていきましょう。

老人性疣贅ができてしまう要因

紫外線を浴びたことによる要因

老人性疣贅は、全身どこにでもできる可能性のあるイボですが、顔にできる事が多いという特徴があります。

 

これは、顔は紫外線を浴びる機会が多い事と関係があります。

 

紫外線を浴びると肌細胞が傷つき、ダメージを受けます。それが蓄積されることによって肌細胞が老化し、老人性疣贅を作りだす要因となるのです。

加齢による要因

加齢によって肌細胞が老化すると、老人性疣贅をはじめとするイボができやすくなります。

 

これは肌の代謝が低下し、新しい細胞を作りだす力が弱くなる事で、老廃物や角質排除が滞り、イボの大きな要因となっていくのです。

 

気が付かないうちに、20代の若さでも老人性疣贅ができてしまうというケースもあります。

 

若くてもできてしまうイボ、扁平疣贅とは?

老人性疣贅の主な症状

初期症状

老人性疣贅は多くの場合、初期症状では小さくて色も薄く、気が付かないという場合が多くなります。

 

次第にしみのようなものになっていき、盛り上がりも大きくなっていきます。

 

初期は色が非常に薄いため、できていても気が付かないという人も多くなります。

 

20代で老人性疣贅ができるという人も珍しくなく、ほとんどの人が気が付かないまたはシミと勘違いしているというケースもあります。

中期症状

老人性疣贅が中期になると、表面がざらざらとした触り心地になってきます。また、少しづつ盛り上がりもみせるため、気が付いたり、気になったりといった人が多くなります。

 

色も褐色や茶褐色と、黒に近い色へと変化してきます。

非常に目立つようになるころの症状

老人性疣贅は、放置することによって次第に大きくなり、またしっかりと色がつき非常に目立つようになります。

 

また非常にざらざらとして盛り上がり、メイク等では隠すのが困難な状態になってきます。

 

目立つ部分にできてしまうとコンプレックスになってしまったり、おしゃれの邪魔になったり、またアクセサリーや襟などの摩擦でかゆみや痛みを感じるということもあります。

老人性疣贅の予防方法

紫外線予防

老人性疣贅は、紫外線を多く浴びる部分に特に出現しやすいイボの一種です。

 

日ごろから紫外線をしっかりと予防することで、老人性疣贅のできる可能性を低くすることができます。

イボケアクリームなどでスキンケアをする

老人性疣贅を早期に発見し、イボケアクリームなどのイボケア専用スキンケアで徹底ケアすることも大切です。

 

老人性疣贅を早めに見つけ対処することによって、大きくならないように、また色が濃くならないようにすることができます。

まとめ

老人性疣贅の予防には、日ごろのスキンケアや早期のイボ対策ケアが重要になります。

 

年を重ねてもきれいな肌でいるために、適切なイボ専用スキンケアを選び、コツコツと実践していきましょう。

 

老人性疣贅を詳しく解説、老人性疣贅とはいったいどんなもの?